板藍根/ 板蘭根 (バンランコン)
天然の抗ウイルス対策食品 風邪などウイルス疾患に
商品画像1
もう暫らくお待ち下さい
商品画像2
もう暫らくお待ち下さい
■ 商品説明

今回は中国では欠かせない風邪対策の食品原料である板藍根(バンランコン)について御紹介します。中国産の悪い印象が絶えない昨今ですが、中国原産の植物においては、やはり特産地に優るものは少なくありません。農薬の検査管理を徹底すれば、有用植物素材を使うメリットは多い事を、この板藍根で体験している方は少なくありません。中国においては、なければならない身近な民間療法の植物で、多くの疾病の補助に応用されています。

風邪といえばウイルス疾患であり、西洋医学の「抗生物質」では風邪ウイルス自体には効かないものです。(2次感染や他の気管支疾病への移行予防などに使われます) 
「風邪を治す」とは西洋医学的にはウイルスの病邪本体に作用させる事を意味するはずですが、現代医療の認識では、解熱剤で発熱(ウイルスに対する免疫機能)の閾値を下げ、 延髄の咳中枢をブロックして鎮咳し、副交感神経遮断または抗ヒスタミンによって鼻水を抑える事がスタンダードです。体のウイルスに対する免疫的な機能をブロックする様にも捉えられますので、著しく体力の衰えの激しい方に対する治療とも思えます。一方、免疫機構が健常な方には、体を鈍らせるのではないかと心配でもあります。 健常者のウイルス対策には、まず板藍根で早めにウイルス対策をすると、こじらせる確立が非常に低下する感想を、多くのリピートオーダーから頂いております。

日本では「風邪の初期には葛根湯」として有名ですが、実は葛根湯というのは飲むタイミングが非常に短期間で、ゾクゾクとしたその瞬間が適応ですが、しばらくすれば葛根湯は合わなくなるもので、飲むタイミングを逃している方が殆どです。 また体力の弱い方には、いずれの期間にも葛根湯や麻黄湯は使わないものです。かえって体力消耗により風邪をこじらせてしまいます。すなわち葛根湯は風邪薬ではなく発汗剤と捉えた方がよさそうです。 
 板藍根は結構タイミングを逃しても期間的に広く使いやすく、中国ではある時期には国内で在庫が枯渇する重要な植物です。
※西洋ハーブのエキナセアとは使い方が若干違います。
熱っぽくなってきた時、喉が痛み出したときなど、風邪を自覚された時に飲むものとしても、非常に現実的な使い方が出来ます。抗生物質や解熱鎮痛剤、鎮咳薬などの一般的な化学薬品が嫌いな方の風邪対策には是非常備しておきたいものです。
症状の早期応用により、化学薬品を体内に入れることを極力減らす事ができます。

風邪を主に、ウイルス性の肝炎、ウイルスが介在するとされる突発性難聴、耳下腺炎、ウイルス性脊髄炎など多くの伝染性の疾患はもちろん、これまでウイルスが関与しているとされていなかったアトピー性皮膚炎をはじめとする各種皮膚疾患にもその有効性が応用されています。※医薬品ではないので効能を標榜するものではありません

植物本体ですので、ウイルスだけに効く成分抽出された単味の医薬品成分ではありません。そのため肥沃な土地で育った確かな板藍根は栄養的にも多種有効成分があり、それらが副作用や一般の抗生物質にあるような耐性菌の誘発を抑え、飲んですぐに元気が出るという症状を実感できる事も少なくありません。意外にもまずくなく、そのまま子供も飲める香ばしさとマイルドな味がミックスされたものです。

オーガニック精油のティートゥリー・野生ラベンダーに似た作用もあるので、ひどい状態の皮膚疾患などに、養生食品としてもよいかもしれません。

炎症がひどく板藍根では熱が冷めない場合は、同じ植物の葉を乾燥した大青葉(大青)を利用します。性質が大寒ですので、高熱や炎症の激しい時に利用しますが、通常単味で使用するものではなく、中医処方に加味して利用される事が多いものです。(寒性が強いので、症状次第ですが通常は長期使用しなせん)※こちらは医療用生薬のため販売不可です

板藍根には中国南部と北部で全く形状の違うものがあり、実際にはあまり区別する事無く使われることがありますが、やはり品種や品質によって効きの違いが多くあります。利用部位が根部ですので、色形しっかりしたものを選定します。生薬の気味が維持され、古いストックや高度濃縮を謳う粗悪なエキス剤でなく、確かな原料を乾燥したものをお勧めしたい生薬です。どういうわけか3倍ー10倍濃縮を謳う加工された板藍根エキスやお茶は、当店内における疾患への有効性が著しく低く見受けられたため、扱いは中止しました。(エキスの方が提供者の都合としても便利で助かるのですが・・・)
  エキスが効かないという事は、熱や蒸発散によって何ら失効する成分がある事を意味します。ペパーミントのような気味高いものではないので、揮発性精油成分ではなく、成分上の熱損失があるのでしょうか。刻みを煎じたお茶より、原末の評判が非常によいため、原料には残留農薬検査を注視しないといけない生薬のひとつとなります。中国の公害地区というのがありますので、原産地と残留農薬チェックが確かなものを選定しています。数百種以上の残留農薬をGC/MSでチェックされたものを仕入れておりますので、安心してご利用いただけます。

有用植物群は産地により性味も異なり、元来、味や形など見極めて入手するのが原則ですが、なかなか最近はそのような作業より、コストばかりが重要視され、良質なものの見極めたものが日本・中国双方共になくなってきているような気がします。インフルエンザの大発生の際には中国内でも品薄になる非常に有効な生薬で、価格の仕入れ変動大きい事、何卒ご了承下さい。

<飲み方>

原料を刻んだものを煎じてお茶にする場合は、健康維持には2〜5g/日、何ら症状がある場合は5〜10gを約400〜1Lのお好みの水量で煎じて(沸騰後弱火で約15分くらい)、出来た煎液を1日量として何回かに分けて飲みます。甘草や羅漢果を1/3量加えると作用もマイルドで味に甘みが出て、炎症や咽喉の全般症状によいお茶になります。冷えが激しい方には、温性にさせて発汗を促すために生姜や葛根粉末を配合して、生姜湯・葛湯風にする事もお勧めです。風邪の発汗があった場合はビタミンCの摂取を少し多めに摂る為に料理や食材に工夫をしてみてください。

面倒な方には板藍根を粉末化したものを沖服すると簡単に効果を得ることが出来ます。多くのオーダーがこの粉末です。賦形剤や安定剤、保存剤など全く無添加の100%板藍根末です。沖服する際は少量で充分です。通常は1gが一般的ですが急な時にも対応できる1.5gの方が確実です。1日2〜3回 空腹時服用
胃腸障害や胃弱の方は食後に服用します
※食後の服用は緩やかに吸収されるためです。板藍根が胃に負担や刺激性があるという意味ではありません

■ 価格
Name/品名 Net/容量 Retail Price Sale Price 税込価格
 板藍根粉末(粒系の細かい粉末/1.5g分包)
1.5g
\50
 板藍根顆粒 1,5g分包
(粒系が大きく喉越しのよい加工品・一般風邪薬の様な造粒品です)
1.5g
\70
 板藍根 刻み生薬 100g お茶・煎じ用
100g
\880
 板藍根 刻み生薬 300g お茶・煎じ用
300g
 
\2300
 本葛粉末(国産) 50g
50g
\320
 本葛粉末(国産) 100g
100g
\520
エキナセア・ハーブ (葉茎) 100g purpurea種
100g
 
\580
エキナセア・ハーブ (葉茎) 300g purpurea種
300g
 
\1,580

東洋ハーブ西洋ハーブ類は他にも豊富にそろえております

■ 注意事項
パッケージ等は撮影時の画像と予告なく変更する場合がございます。どうぞ御了承下さい。
(C)Phamacy GLOBA 2007 All rights reserved.