Antioxidant:酸化防止剤・乳化剤などオプション

植物性ソースの酸化防止剤です。
せっかくオーガニックや無添加の高品質素材を集めても、劣化させてしまえば大変です。
水溶性には水溶性ROEかGSE/緑茶エキス(約2%)を、オイルにはROE(約0.5%)を加えます。ナッツ系オイルやオリーブオイル・サンフラワーオイルなど、酸化し難いオイルは基本的に加えません。

品名
容量
価格
カート

ローズマリー・エキス・エクストラクト
ROE (スポイド付き瓶入り)

油溶性のため、オイルにのみ添加できます。
約0.2〜0.5%添加します。冬季や冷蔵庫保管で固くなりますが、40度くらいのお湯でゆっくり溶かしてご利用下さい。高温の湯煎は避けて下さい。
(スポイド1滴約0.05-0.07mlで計算下さい)

5ml
320

水溶性ROE 
(10ml:ドロッパー付 瓶入り)
水溶性ローズマリー・エキス・エクストラクト

水溶性のため芳香蒸留水などの水系に約2〜5%添加で使います。オイルには分離して溶けないのでご注意下さい。
(ドロッパー 1滴 約0.05mlで計算下さい)

10ml
450
GSE 
(スポイド付き瓶入り)
グレープフルーツシード・エクストラクト
水溶性のため芳香蒸留水などの水系に約2〜5%添加で使います。オイルには分離して溶けないのでご注意下さい。
(スポイド1滴約0.05-0.07mlで計算下さい)
8ml
450
1.2-ヘキサンジオール<NEW!>
( アンバー瓶入り/ドロップ栓付き)
水溶性基材に添加するオプションとして、低刺激で保湿剤の機能を兼ねながら高い抗菌作用もあるポリオールの一種です。保湿剤の位置付けにあり、パラベンの様な防腐剤に属するものではないので、これを使うと防腐剤フリー化粧品となるります。今後は低刺激や自然化粧品を謳う商品群に見掛ける事の多くなる成分となりそうです。水溶性のため芳香蒸留水などの水系に約0.5〜2%添加で使います。パラベン類より低刺激の素材です。ただし一般市場の防腐剤ほどの力はないので大まかな目安で約1−2ヶ月の保存がプラスされるとお考え下さい。
(ドロップ1滴約0.05mlで計算下さい/
20滴=約1ml)
ゆっくり滴下しますので、振りまわさずにゆっくりと滴下させてください。
10ml
550
30ml
1500
緑茶エキス
( アンバー瓶入り/ドロップ栓付き)
水溶性のため芳香蒸留水などの水系に約3〜5%添加で使います。オイルには分離して溶けないのでご注意下さい。
(ドロップ1滴約0.05mlで計算下さい
/20滴=約1ml)
10ml
450
ビタミンE: V.E 1300I.U/g
(グリーン瓶/簡易スポイド添付)
原料:小麦・大豆・トウモロコシ
原料に遺伝子組み換えは一切不使用
油溶性のため、オイルにのみ添加できます。
軽すぎるキャリアオイルに重い質感を与えたり、酸化防止としても使えます。粘性が高く取り扱いが難しいですが、40度くらいのお湯でゆっくり温めて利用すると若干粘性が下がり使いやすくなります。
酸化防止:約1〜3%添加
保湿剤:約3〜10%を
(簡易スポイドを添付しています)
5ml
380

Wheatgerm oil 未精製
ウィートジャームオイル
小麦胚芽油
Cold Pressed(冷圧搾法)

オイルのみに可溶。水には溶けません。
豊富なビタミンEを利用した酸化防止剤として古来から使われてきましたが、現在ではあまり使われなくなりました。

10ml
480
25ml
780
植物性液状レシチンORG
(スポイド添付 遮光瓶入り)

原料:大豆(海外オーガニック認定 by OTCO)
原料に遺伝子組み換えは一切不使用

5ml
480
植物性レシチン(粉末)
原料:大豆(NOT ORGANIC)
原料に遺伝子組み換えは一切不使用

吸湿性が高いので必ず密封管理下さい。放置すると固化してしまいます。保管はとにかく乾燥の維持が大切な素材です。ただし粘性が出てしまってもそのまま利用は可能です。
20g
250
50g
450
Emulsfying wax
(エマルシファイイングワックス)
植物性乳化剤
20g
180
50g
380
植物性ステアリン酸
植物性乳化剤・硬化剤
20g
120
100g
450
Xanthan gum
(キサンタンガム)
増粘剤(微生物由来)
ジェル状の増粘物作りに
20g
250
50g
550
Gua gam (グアガム)
増粘剤(グア豆由来)
スライムの原料です
ジェル状の増粘物作りに

水溶性食物繊維として機能性健康食品などでも使われるものです。
20g
200
50g
450